枝豆と黒枝豆はどう違う?

丹波黒豆

黒枝豆について

ビールの友として人気がある枝豆の種類として、黒枝豆と呼ばれるものが存在します。

黒豆というのは、丹波地方を起源とした名産品であり、その中でも丹波の黒枝豆は最高級品として知られているのです。

黒枝豆は、通常の黒大豆が成熟する前に収穫するのが特徴になり、黒大豆をそのまま成熟させたものが、正月などによく目にする煮豆などにもなるのです。
黒枝豆は、サヤの中にある薄皮が少々黒みを帯びており、黒豆特有である深い甘みはもちろん、何とも言えないコクにも定評があります。
10月上旬から10月下旬と収穫時期が非常に短く、さらに他の枝豆と比べても生産量が少ないこともあって、市場に出回ることも多くはありません。

そのため入手するのが大変かもしれませんが、京都丹波西村farmではネット通販を行っていますので、収穫時期に合わせて小まめにチェックしていただければと思います。

枝豆と黒枝豆の違い

枝豆というと、よく見かけるのが緑枝豆になりますが、黒枝豆とどのような違いがあるのでしょうか?
枝豆と黒枝豆の違いとして、特筆すべき点は粒の大きさにあります。

それぞれの豆の粒を比べてみると、黒枝豆の粒の方が少し大きめです。
粒が通常の枝豆よりも大きいことから、コクのある旨みを出すことができ、枝豆の最高峰とも呼ばれています。

豆自体が大きいのも違いのひとつになり、豆の樹に付いているサヤの数が非常に多いのが特徴です。
また黒枝豆は、実際に収穫する時期によって味わいが変わってくることがある、と言われています。
最良の時期に収穫された黒枝豆は、まさに最高の枝豆の名に相応しい味です。

枝豆というとビールを飲む時によく目にすることが多いですが、その枝豆の中でも最高峰と言われるのが黒枝豆です。
枝豆と黒枝豆の違いは、粒の大きさや樹につくサヤの数などが挙げられます。

黒枝豆は収穫時期が短いこともあり、市場で見かける機会は少なめです。
黒枝豆にご興味がある方は、京都丹波西村farmのネット通販をチェックすることをおすすめします。

関連記事一覧